2017年09月20日

イラストレーター フォトショップ CS6 永続ライセンス(買い切り)を最安値で購入


フォトショップ CS6 と イラストレーター CS6を買って、CCの契約を回避するべく今更フォトショ・イラレ CS6を売っているお店を探しまわりました。 最終的に格安価格で購入できました ので、永続ライセンス(買切り版)を買う時の注意点や販売店の情報を公開します!

ただし、数千円前後で正規品は買えません。
海賊版、クッラック版など違法ソフトに注意してください。(激安なのはまず殆どこれです

正規品と書かれていたけどクラック版だった!という有名な詐欺サイトの情報についてもシェアしていますので、値段につられて大損しないようにじっくりお読みくださいね。(私も買う直前までいきました。危なかった〜)



どうしても継続課金のイラストレーターCCを使いたくない理由

仕事柄イラストレーターを使っているのですが、パソコンにインストールした8.0がディスクもシリアルも引っ越しなどで紛失。(ユーザー登録してあればなんとかなったかもww)

さすがに最新OSのWindows10を変更しないといけないのですが、気がついた時にはもうクラウドタイプのCCにイラストレーターは切り替わってしまっていて、どのお店を覗いてみてもパッケージ版は販売終了してしまっていました。

ビッグカメラ、エディオン、ヤマダ電機、ジョーシン、ケーズ、楽天、amazonなどなど・・どこを探してもパッケージ版は在庫なし!!

仕事で使うのでCCで年払い契約で使えばいいと思うかもしれませんが、業態が変わった為、イラストレーターは今までの業務を継続するには必要だけど、使用頻度がかなり減っているため、継続課金されるのは避けたいのです。

イラレは違法版、海賊版がわんさか販売されている現実!

そこで、ネットでパッケージ版の最終であるCS6を探しまわってみたのですが、信じられない程安い激安価格じゃないですか!

またそういう店でCCまで数千円で販売しています。あれ、CCは月額契約ライセンスじゃないではないでしょうか?!

 これは、海賊版やクラックしたりする違法なソフトではないかと調べてみましたら、やっぱりたたき売りの金額で販売しているものは違法なものが殆どだと分かってきました。

ヤフオクなどは特に怖いですし、ショップが販売しているものも信用できないというのが正直なところです。


CS6アカデミック版パッケージなら売っているところがあるかも?

しばらく前、イラストレーターのパッケージ版を安く買いたいと思って調べた時に、教材とセットでアカデミック版が買えるというサービスがあったのを思いだしました。

社会人であっても、イラストレーターの使い方を学ぶために入学するという建前で、どうやら学生として扱われ、だれでも学割価格でかなり安く購入可能というシステムがあるのです。

 
これは違法でもなんでもなく、アドビー社に正式にスクールとして認められている業者のサービスなので、まちがいなくCS6も正規品なわけです。

(ちなみみに、学生ではなくなってもその後もずっと使い続けられるので、実は正規にしかも非常に安く購入できる方法だったのです。)

何箇所か同様のサービスをしている業者がありましたので、ダメ元であたってみたところ、やはりこちらもすべてCCに切り替わった後でした。

Adobe法人向け大量契約バージョンが流通している模様

それでも永続ライセンスをあきらめきれずに調べてみたところ、法人向けのアカウントというものがあり、デザイン会社などが大量に購入して使わなかったものが転売されているらしいと知りました。

これなら正規品だし、バカ高い値段でもないので買おうとおもったのですが、一つの心配があります。

こちらは、一度インストールしたら他のPCへの引っ越しなどができないといった制限のあるタイプだというのですが、本当はどうでしょうか。

もし端末移行できないの出れば、PCがいきなりダメになった場合や、PCを新調した時に今と同じ悩みに逆戻りしてしまいます。

そこで、法人向けのボリュームライセンスを販売しているディーエルソフトさんに尋ねてみました。


「 通常勝手なライセンス移行を制限されています、1ライセンスはPC1台限定ですが、コントロールパネルよりアンインストールしておけば、別のPCへインストールできます。」というような答えが返ってきましたので、一安心。

その後、口コミ情報を調べ、最終的にはこのショップでCS6を購入しました。

入金後すぐにご連絡いただき、好感がもてました。 その後、スムーズなダウンロードとインストールが出来、動作確認ざっとしてみましたが、問題なかったです。 スピーディーなご対応を感謝しています。

ここで買って正解だった!と思いました。お店の対応が予想外に良かったです。

領収書の発行もしてもらいました。


正規品をキチンと使いたい方、特にSOHOや法人としてアドビー製品を使うという方の場合は、CS6のダウンロード版在庫が無くなる前に正規品を手に入れておくことをおすすめします。

私の場合、以前アカデミック版を検討した時に「何か怪しい・・」と思って購入しなかったため、今回のように困った状況になってしまいましたので。



Adobe illustrator CS6  Windows版 イラレ 格安価格
posted by windows8office2010 at 14:51| Comment(0) | フォトショップ イラストレーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Office2007が10月10日にサポート終了 Office2016をインストールしましょう



Office 2007のサポートが2017年10月10日に終了します。

2007年1月にパッケージ版が発売されてから早10年、長らく活躍してきた「Office 2007」の延長サポートが、いよいよ今年の10月10日に終了します。

該当するのはWord2007、Excel2007、Outlook2007などですね。今一度お使いのOffice製品が該当していないかお確かめ頂きたいです。



 

延長サポート期間が終わると、以降、バグや脆弱性が見つかっても修正プログラムが提供されず、マルウェア感染などのリスクが非常に高くなってしまいます。

上記ページにある通り、引き続きMicrosoft Officeを使い続けるのであれば、Office 2013やOffice 2016といった、新しいバージョンのOfficeへと移行する必要があります。

特に、業務でOffice 2007を使われている方は、まだ間に合いますので、早めにバージョンアップされることをお薦めいたします。

Microsoft office 2016 Professional + 日本語版
posted by windows8office2010 at 14:46| Comment(0) | Office2016 オフィス2016 格安価格で購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Adobeのフォトショップやイラストレーターの値段を安くする方法は?

クリエイターやライターをはじめ、Web上で表現活動をするなら、写真の編集やイラスト作成をすることもあるのではないでしょうか?

そうした時に使いたくなる有名なソフトが、プロも使っているPhotoshop(フォトショップ)やイラスト作成ソフトIllustlator(イラストレーター)といったAdobeのソフトです。

Photoshop(フォトショップ)、Illustlator(イラストレーター)とは?

Photoshopは、写真編集をメインとした画像加工ソフトです。

 略して「フォトショ」とも呼ばれることがあり、使っている方はみんなフォトショと言っていますね。

カラーの写真をレトロ風に調整したり、ぼかしを加えたり、人物や文字を切り抜いたりすることができます。

フォトグラファーやデザイナー、イラストレーターなどのクリエイターが、仕事に使用しているソフトです。


Illustlatorは、その名の通りイラスト制作や印刷物制作をメインとしたデザイン制作ソフトです。

略して「イラレ」とも呼ばれることがあります。

Illustlatorの特徴は、あらゆる線や図形をベクター画像としていること。

ベクター画像として作られたものは、画像を劣化させずに、拡大・縮小・変形ができます。そのため、異なる大きさで何度も使いたいイラストを作成するのに適しています。

Photoshopで素材となる画像を加工して、Illustlatorでロゴを作成したりテキストを配置したりする、という方法で綺麗なグラフィックを作ることができます。

「Adobe Photoshop CS 通常版」は、2003年の時点で 96,000円でした。上位版のAdobe Photoshop CS6 Extended  は125,000円でした

できるならAdobeの有料ソフトを使ってみたいけど、お金がかかるから「無料のソフトを代わりに使おう」と思ってしまいますよね。

でも、今はAdobeのソフトも手軽な値段で使えるようになりました。

このページでは、ソフトを格安で手に入れる方法まで紹介していきますね。

PhotoshopやIllustratorを安くする方法



Creative Cloud(CC)とCreative Suite(CS)の違い

かつては、AdobeのソフトはCreative Suiteというバージョン名で販売されていました。

Creative Cloud(CC)とCreative Suite(CS)の主な違いは、「購読制」と「ライセンス購入制」という料金体系の違いです。

Creative Suiteは、一度お金を支払えばずっと使い続けることができるライセンス購入制。

それに対して、Creative Cloudはお金を払っている期間だけ利用できる購読制となっています。

ライセンス購入制のCreative Suiteは、現在販売されなくなりましたが、ライセンス購入制と購読制、どちらがお得なのでしょうか?


かつて約10万円で売られていたソフトの最新版が、総額15800円で利用できる!


Adobeのソフトは、個人として購入しようとすると、単品でも数万円から数十万円かかりました

ところが、ディーエルソフトから購入すれば、15800円という格安料金で利用できるようになりました。

例えば、Photoshopについて過去と現在の料金を比べてみましょう。

「Adobe Photoshop CS 通常版」は、2003年の時点で 96,000円でした。上位版のAdobe Photoshop CS6 Extended  は125,000円でした

Adobe illustrator CS6  Windows版 イラレ 格安価格

2012年より、Photoshopも利用できる「Creative Cloud フォトグラフィプラン」を選ぶと、月額980円で利用できます(税込み1058円/月)。年間約12700円/年。二年目も12700円かかります。




プロも使っている画像編集ソフトを使ってみたいからといって、一度に10万円も投資するにはとても勇気がいりますよね。

Creative Cloudでは、各ソフトが月額980円で利用できるようになりましたが、毎年12700円がかかります。

やはり一度お金を支払えばずっと使い続けることができるCS6(15800円)を購入したほうがお得だと思います。

ビジネスにもがっつり使えるソフトですから、驚きの価格です。

まずは趣味からでも気軽に使えるような価格になったのは、とても嬉しいですね。


終わりに

Photoshopは高額なソフトです。ネット通販も複数探し、いろいろと吟味した上で少しでもお得にGETしましょう!学生や教員の方は、いろんなところでお得な価格がつけられていますので、その中でも比較検討し、よりお得な購入方法を見つけることをおすすめします。

posted by windows8office2010 at 14:42| Comment(0) | フォトショップ イラストレーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする