2012年07月14日

Windows7をUSB起動でクリーンインストールしてみた

マイクロソフトから、Windows 7のISOイメージ・ファイルからインストールUSBメモリやインストールDVD(単にISOファイルをDVD-Rに焼いただけのもの)を作成する「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」ツールの提供が行われている。WUDTはWindows XP上でも実行可能で、Windows 7のISOイメージがあれば、簡単にインストールUSBが作成できる。

Windows 7 USB/DVD ダウンロード ツールを実行する前に、 激安ソフト屋のディーエルソフトやラッキーグッズさんから Windows 7 ISO ダウンロード版を購入し、Windows 7 ISO ファイルをハード ディスク上にダウンロード済みであることを確認してください。そしてWindows 7のインストールUSBメモリを作る

 

 操作方法

 

 以下のWebページの「Other Available Downloads」から「Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exe」のリンクをクリックして、Windows 7 USB/DVD Download Toolのインストール・パッケージ(Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exe)を適当な場所(%Windir%など)にダウンロードする(原稿執筆時点のバージョンは1.0)。

 

 

 Windows XP SP2/SP3の場合、事前に.NET Framework Version 2.0とImage Mastering API v2.0のインストールが必要となる。Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exeの実行前に、以下のリンクからダウンロードして、インストールしておくこと(インストール後、再起動が要求される)。.NET Framework Version 2.0を新たにインストールした場合は、Windows Updateなどでセキュリティ・パッチを忘れずに適用することも忘れないようにしたい。

 

 

 Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exeを実行すると、簡単なウィザードに従うだけでWUDTがインストールできる。

 

 [スタート]−[Windows 7 USB DVD ダウンロード ツール]−[Windows 7 USB DVD ダウンロード ツール]を選択してWUDTを起動すると、[ISOイメージ・ファイルの選択]画面が表示されるので、ここでWindows 7のISOイメージ・ファイルを指定する。WUDTは、あくまでISOイメージ・ファイルからインストールUSBメモリやインストールDVDを作成するツールなので、直接インストールDVDからインストールUSBメモリは作成できない。ISOイメージ・ファイルがない場合、インストールDVDの内容をISOイメージ・ファイルに一度変換する必要がある。仮想CD/DVDソフトウェアの中には、DVD-ROMの内容をISOイメージ・ファイルに変換する機能を持つものがあるので、こうしたツールを利用するとよい。例えば、「TIPS:Windows XP/VistaでVHDファイルをマウントする(Gizmo Drive編)」で紹介しているGizmo Driveを利用すれば、インストールDVDからISOイメージ・ファイルが作成できる。

 

WUDTの[ISOイメージ・ファイルの選択]画面
ここでWindows 7のISOイメージ・ファイルを指定する()。インストールDVDからは直接、インストールUSBメモリが作成できないので、事前にISOイメージ・ファイルに変換しておく必要がある。

 

 次にメディアの種類を選択する。インストールUSBメモリを作成する場合、[USBデバイス]ボタンをクリックする。インストール先のUSBメモリを選択し、[コピー開始]ボタンをクリックすると、ファイルのコピーが開始され、ブートセクタなどの編集が自動的に行われる。なおUSBメモリはフォーマットされてしまうので、必要なデータなどが含まれていないものを用意すること。またWindows 7のインストール・ファイルの容量は約2.4Gbytesあるので、それ以上の容量のUSBメモリ(4Gbytes以上)が必要となる。

 

WUDTの[メディアの種類を選択する]画面
ISOイメージ・ファイルからインストールUSBメモリを作成する場合は、[USBデバイス]ボタンを、インストールDVDを作成する場合は、[DVD]ボタンをクリックする。
 [USBデバイス]ボタンをクリックして、インストールUSBメモリを作成する。→


WUDTの[USBキーを挿入する]画面
ここでUSBメモリを選択する。
 複数のUSBメモリが差さっている場合は、インストール先となるUSBメモリを選択する。
 USBメモリが表示されない場合は、これをクリックするとよい。のリストが最新のものに更新される。
 これをクリックすると、USBメモリがフォーマットされて、ファイルがコピーされる。


作成したインストールUSBメモリの内容
作成したインストールUSBメモリをWindowsエクスプローラで見ると、このようにインストールに必要なファイルがコピーされていることが分かる。

 

 作成したインストールUSBメモリを、Windows 7をインストールしたいPCに差して起動すれば、Windows 7のインストーラが立ち上がる。この際、BIOSでUSBメモリから起動するように、起動デバイスの順番を設定する必要がある。BIOSによって設定方法は異なるが、通常、[Startup]または[Boot]といったメニューに起動デバイスの順番を指定する項目があるはずだ。USBメモリを差した状態でないと正しく設定できないBIOSもあるので、注意してほしい。

 

●Windows 7のインストール手順

1.USB差込口にWindows 7のインストールUSB-HDDを入れたまま再起動
2.メーカーロゴが表示されたら(ノートブック:F2キー)か(デスクトップ:DELキー)を連打してBIOS画面に入る
3.ブートの優先順位(First Boot Device)の設定画面でUSB-HDD(USBハードディスク)を最優先に変更し、設定を保存してからBIOS画面を出る
4.勝手に再起動がかかって、メーカーロゴの後に「Press any key to boot from …」と表示されるので適当にキーを押す




"Press any key..." が表示されている間に、どのキーでもいいので任意のキーを
押します。別の画面に切り替わるまでスペースキーなどを連打しても大丈夫です。

DVD-ROM からパソコンを起動できない場合は、
BIOS 設定の変更が必要な場合があります。
詳しくは CD/DVD boot するための BIOS 設定 をご覧下さい。



5. "windows is loading files..." と表示されます。
インストールに必要なファイルが読み込まれている段階なので、そのまま待ちます。





6. "Windows のインストール" が表示されます。
表示された言語とその他の項目を確認し、問題なければ [次へ] をクリックします。
下の画面と同じ状態であれば問題ありません。





7. [今すぐインストール] をクリックします。

[今すぐインストール]



8. 「ライセンス条項をお読みください。」が表示されます。

Windows 7 を利用するには、ライセンス条項に同意する必要があります。
「同意します」にチェックを入れ [次へ] をクリックします。




9. 「インストールの種類」が表示されます。
ここでは、クリーンインストールをすることが前提なので、
[新規インストール (カスタム)] を選択します。





10. パソコン上の物理ドライブ、およびパーティション構成が表示されます。





今回は、パーティションを作成せずにインストールしますので、
そのまま [次へ] で進みます。パーティションを作成する場合は、
[ドライブオプション (詳細)] をクリックします。

[ドライブオプション] に関しては、Windows Vista と
基本的には変わりませんので、詳しくはこちらをご覧ください。



11. セットアップが開始されます。





以下の順番でセットアップが進みます。
  1. Windows ファイルのコピー中
  2. Windows ファイルの展開中
  3. 機能のインストール中
  4. 更新プログラムのインストール中
  5. インストールの最終処理の実行中


12. "Windows のセットアップ" が表示されます。
画面の指示に従ってセットアップを続行します。特に難しい作業はありません。




以下の順番で項目を設定します。
  1. ユーザー名とコンピューター名
  2. パスワードとパスワードのヒント
  3. プロダクト キー
  4. 自動更新の設定
  5. 時刻と日付の設定
  6. ネットワークの設定


設定完了後、しばらくすると Windows 7 が起動します。

セットアップが完了し、Windows 7 が起動します。

 

posted by windows8office2010 at 14:28| Comment(0) | Windows OS(Windows7 Windows8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: